みんなで乗り越えよう

2020.3.30

Makiの日記

皆さんこんにちは。

SPiNAGE☆Makiです。

 

あっという間に3月末ですね!

3月は本当に色々ありました…

 

一番はいま問題になっている

新型コロナウィルス。

 

ウエディング業界も大変なことになっています。

 

日程変更の嵐

 

3月、4月にご結婚式を予定していたお客様の日程変更や規模縮小など本当に心が痛い想いでこの3月を過ごしてきました。

 

北海道知事が外出を控えるよう会見した日。

 

ご披露宴を予定していた新郎新婦様やむを得ず日程変更をした、と涙ながらに語っていたニュースを見て私も号泣…

 

明日披露宴という中、次々にキャンセルの連絡が入り、ご披露宴の中で万が一クラスター感染のような事態になったら怖いので開催を延期したとのこと。

 

前日のため期日変更料もかなり大きな金額だったんだとか。

 

これまでの経験上、日程変更の場合でも前日であれば全額チャージが発生してしまいます。

状況が状況なだけに会場側からどれだけの配慮があるのか気になる所ですが…

 

この日のために半年かけて準備してきたのに、前日に開催ができなくなるという本当に辛い現実。

 

そんな中、ご新郎様の言葉がとても心に響きました。

 

「一番辛いのは妻。きっとドレス姿を皆に見せたかったはず。

いつになるか今はまだ考えられないけど、いつか絶対に結婚式を挙げたい。

妻の綺麗なドレス姿を皆に披露してあげたい。だから頑張る。」

 

本当に素敵なご新郎様です。

奥様を側で支えてあげてくださいね。

 

素敵なドレス姿をお披露目できる日が来ることを私も心から願っています。

 

台風の次はコロナウィルス…

 

先日、昨年の9月に台風の影響で日程変更をしたお客様のご結婚式がありました。

 

今度はコロナウィルス…

 

新郎新婦様にお話を切り出すのが怖かったのを覚えています。

 

おふたりの判断は…

 

「規模縮小して開催する」でした。

 

不安もあるけど、今回は絶対に結婚式をしたい!という強い思いでした。

 

幸いにも3月上旬、沖縄での感染者はほぼ0。

また、おふたりが選んだ会場が270度窓をフルオープンできるレストランだったこともあり、開催する運びとなりました。

 

 

当日はたくさんの笑顔に包まれた素敵なご結婚式になりました☆

 

ご新郎様の謝辞の中で、

 

「僕たちの為に2度もスケジュールを調整してくれて、またこんな大変な状況の中たくさんの方に集まってもらえて本当に幸せです!」

 

の一言に私はエスコートしながら号泣。

 

目の前にいらっしゃるご新婦様のお父様にハンカチを渡されるとう失態…笑

 

でもね、本当に嬉しかったんです!

おふたりとご家族、会場にお越しの皆さまの笑顔を見ることができて、感無量でした。

 

願い…

 

いま、全国、いや全世界で辛い思いをしているカップルがいると思います。

 

今は終息するのを待ちましょう。

皆さんの健康と命が何よりも一番大切。

 

この時期を乗り越えて、皆さんが幸せいっぱいの笑顔溢れるご結婚式当日を迎えられることを心から願っています。

 

SPiNAGE☆Maki