BLOG

緊張の一日

2019.7.23

Makiの日記

こんにちは。

SPiNAGE☆Makiです。

 

沖縄も一気に夏空に変わりましたね!

海もとっても綺麗ですよ✨

 

学生プロデュース『リアルWedding』

今月は私が講師をしているブライダル専門学校のイベント盛沢山でした!

 

まずは2年生プロデュースのリアルウエディング♪

プランニングからドレスセレクト、ヘアメイク、会場装飾、司会、エスコート等も全て学生が担当します。

 

会場はサムシングフォー西崎さん

https://www.something-for.co.jp/

私も友人の結婚式では何度も訪れたことがある会場さんです♪

ただ、今回のご披露宴会場はナント “チャペル”

チャペルは挙式をするものだと思っている方がほとんどかと思います。

こんな活用の仕方もあるんだなぁ、と勉強になりました。

 

ステンドグラスから差し込む自然光が会場全体を温かく包んでとっても和やかな雰囲気。

とても素敵な会場に仕上がりました♪

このコーディネートも全て学生が立案、セッティングしたんですよ~

可愛いでしょ~✨

 

緊張の一日

朝からみんなの表情が堅い。

いつも笑いが絶えない賑やかなクラスなのにこの日は雰囲気が全然違う。

 

やっぱり本番は緊張するよね。

 

失敗は許されません、

学生といえども本番で失敗することは許されない厳しい世界。

 

担任の先生方も本当に緊張している。

(私は非常勤講師として勤めているので、イベントや学校行事は担任の先生が主導なんです)

 

失敗の怖さを知っているから、先生たちの方がもっと怖いのかもしれません。

 

私に与えられたミッションはみんなの気持ちを少しでも軽くしてあげること。

できるだけひとりひとりに言葉をかけてあげる。

 

ひときわ緊張しているのが1年生。

2年生だけではなく、1年生も配膳サービスとしてお手伝いします。

 

1年生は入学してまだ3ヶ月ちょっと・・・

基本的な知識を叩き込んでいる最中の本番の披露宴。

 

もう何が何だか分からない様子で2年生の指示されたことを必死にこなしている。

少し冗談を交えながら話しかけてみると、

 

「先生は緊張しないの?」

と聞かれてしまいました 笑

 

いやいや、心臓バクバクですけどね。

私も失敗の怖さを知っているからこそ毎回当日は緊張MAX。

 

前日の夜眠れないこともよくある。

頭の中で色んなシュミレイションをして寝るから夢の中でもよくプランナーしています 笑

 

 

緊張感の大切さ

 

わたしは本番当日に緊張しなくなったら“ウエディングプランナーの辞めどき“だと思っています。

緊張感が無いのはそこに感情が入っていないから。

 

そんな機械的なプランナーにはなりたくない。

 

2時間30分の披露宴のために半年もかけて打合せをします。

本当に貴重な時間。

 

1分1秒でも無駄にしたくない。

おふたりとゲストにとって心に残るような素敵な時間にしてあげたい!

 

きっと全国のプランナーさんが同じ想いでプランニングをしています。

 

ウエディングプランナーのタマゴちゃんたち。

その『緊張感』とても大切なんだよ。

 

これから先もこの緊張感を忘れずに活躍してほしい、と先生は切に願います。

 

 

ご披露宴は滞りなく終わり、新郎新婦様にもとても喜んでいただけた、という報告を聞き安堵しました。

本当によく頑張りました☆

 

夏休み明けは就職に向けて頑張ろうね~!

 

SPiNAGE☆Maki