六曜(六輝)ってなんだろう?

2018.5.17

ウェディング情報

no-image

こんにちは!

SPiNAG☆Mikuです。

 

沖縄は梅雨に入ったはずなのに、

一向に雨が降りません((+_+))

 

ダムの貯水率が大変なことに~

 

沖縄にお住いの皆様

 

節水ご協力お願い致します☺

 

さて本日は、六曜(六輝)についてご紹介!

 

 

六曜(六輝)って何だろう?

以前に、結納をご紹介した際に

文面の中に六曜(六輝)という言葉が

出てきました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

おさらいしておきましょう♪

 

六曜(六輝)の意味

六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類があり

現在では冠婚葬祭等の儀式を行う

日取りを決める際に

吉凶判断として活用されている。

 

 

由来・・・

 

・室町時代に中国から伝わったもの

当日は七曜(現在でいう1週間のことを指す)がなかったため

1カ月を5に分けて日を区別するために六曜を使用したのが始まり。

 

・旧暦→新暦に変わったのを機会によく使用されるようになった。

(江戸時代頃)

 

 

 

六曜それぞれの意味

 

大安(たいあん)

「大いに安し」の意味で、「万事吉で成功する日」

 

友引(ともびき)

何事も引き分けで

勝負のつかない日とされている。

 

凶事に友を引くという意味もあるので

葬儀などは慎む日とされている。

 

先勝(さきがち・せんしょう)

「先んずれば即勝つ」の意味で

急ぐと良しとされている。

午前中に物事を行うと吉。

 

先負(せんぷ・さきまけ)

「先んずれば即負ける」という意味。

午後が吉とされている。

 

赤口(しゃっく・しゃっこう)

「吉」とし、万事積極的に

進めてよい日となります。

 

午前10時から午後1時の間は「吉」

その前後は「凶」となりまs。

 

仏滅(ぶつめつ)

六曜の中で最も「凶」の日とされていますが、

終日凶とするのが通説となっていますが、

午後は縁起が良いとする説もあります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

六曜の由来をなども、きちんと理解すると

「なるほど~」と思った方

多いと思います!

 

先日テレビで、六曜の分かりやすい表を

発見したので、写メ撮ってみましたー。

 

↓ご活用ください!

パットと見てわかる
六曜表!

 

 

 

 

 

 

 

SPiNAGE☆Miku